弁証的行動療法 part3



「自分を変える」
という課題については、
従来の行動療法的な
アプローチが駆使されますが、
「自分を受け入れる」のは
瞑想的な方法を用います。




これは、創始者である
アメリカの心理学者の
マーシャ・リネハン(1943~)が
「禅」の影響を強く
受けているためです。




part4に続く