状況に関係のない発言をする子の支援 part1



Fくんは、あいまいな伝え方をすると
行動できなかったり何度も同じことを
確認したりすることがあります。




また、頭に浮かんだことを
つい口にしてしまい
時には相手を傷付けてしまう
こともあります。




担任の先生は、
Fくんへの伝え方を工夫し、
うまくいった時と
いかなかった時をメモしました。




また、Fくんと話をして
振る舞い方を知っているのか
どうかを確認しました。




では、先生は実際に
どういった指導をしたのでしょうか。




part2に続く