坑うつ薬の効果と副作用 part1



うつ病の治療薬として
三環系坑うつ薬や
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

などが持ちいられ、症状の改善に有効です。




うつ病の分子生物学的な
発症機序はよく分かっていませんが、
脳内の神経伝達物資、
とりわけてセロトニンと
ノルアドレナリンの作用不足が
関与しているのではないか
という仮説があります。




坑うつ薬はシナプス
(神経細胞間の情報伝達が行われる結合部)
での神経伝達物質の再取り込みを阻害して
濃度を高めたり、神経細胞の受容体に
作用したりすることによって
症状を改善すると考えられています。




part2に続く