空の巣症候群とは



空の巣症候群とは、
子どもの自立といった環境的要因と
更年期のホルモン変動などの
内的要因が重なり合い
子育てに専念していた女性が
喪失感や虚脱感、不安感、葛藤状態m
うつ状態などを示すことをいいます。




ひな鳥が巣立った後の
「空っぽの巣」に例えて
空の巣症候群{Empty Nest Syndrome
と呼ばれるようになりました。




子育て中は時間に追われ
たまにはのんびりしたいと
愚痴っていた主婦も
いざ子どもが独立して
時間が余るようになると
急に張り合いがなくなり
ぽっかりりと心に穴が空いたように
なることがあります。





空の巣症候群は
放っておくと不眠や手の震えなど
さまざまな症状が現れる
自律神経失調症になったり
うつ病になったりするケースもあります。




空の巣症候群に陥らないためにも
「何もすることがない…」
と消極的に考えずに
新たな活動の場を見つけ出すことが
重要になってきます。




…以上




m(_ _)m