ピーターパンシンドロームとは



ピーターパンシンドローム(症候群)とは
いつまでも子供でいたいという願望が強く
大人にんることを拒否する
行動が多くなることを指します。




その根底には、
1個の人間としての責任が要求される

大人社会にうまく適応できていない
ことが多いようです。




年齢的には大人の男性なのですが
行動が子供っぽい、自己中心的、
無責任、自己主張が強い、
反抗的な態度が多い、依存的である
なとといった言動が多くみられるのです。




では、そういった人はどう克服していけば
良いのでしょうか。




まずは、「現実を直視する」
ということだと思います。




そして、「夢」は「夢」
「現実」は「現実」として認識し
生きていく上で何が大切なのかを
建設的に考えていくことではないでしょうか。




…以上




m(_ _)m