登校刺激の必要性 part1

学校に行かない(行けない)という

子供たちが学校に行けるように

なるためには何らかの

支援が必要だと思われます。

 

「本人が自覚して動き出すまで

じっと見守る」 ことで

学校復帰するのは

非常に難しいはすです。

 

学校から何らかの

手が差し出され

それを本人が受け入れて

動き出すしかないと思われます。

 

つまりは何らかの

「登校刺激」 がなければ

学校復帰は まず「無理」

と考えて 問題ないでしょう。

 

…part2に続く

 

興学社高等学院 公式HP