バルネール

比較的低用量で

強力な鎮静作用を発揮し

坑幻覚・妄想作用、

坑躁作用を有しています。

 

特に幻覚・妄想に効果があります。

 

効果の発現が早く、

統合失調症の興奮状態に

効果があります。

 

副作用として、

錐体外路症状の

発現頻度が高いというものがあります。

 

また、QT延長などの

催不整脈作用が

発現するという報告もあります。

 

禁忌は、本剤過敏症、

昏睡状態、

中枢神経抑制剤の強い影響下、

重傷の心不全、

パーキンソン病、

脳障害の疑い、

プロラクチン分泌性下垂体腫瘍、

QT延長を起こす薬剤投与中などです。

 

したがって、処方の適用は当然

躁病および統合失調症の

興奮および幻覚・妄想状態

ということになります。

 

…以上

 

m(_ _)m

 

興学社高等学院 公式HP

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    tani seks telefon (火曜日, 31 10月 2017 22:33)

    tyczkarski

  • #2

    sextel (金曜日, 17 11月 2017 22:44)

    kartometryczność